お茶の静岡茶遊舘 新茶のおいしい静岡茶 お茶 深むし茶をお届け 

お茶の静岡茶遊舘「お茶処静岡の新茶をお届け」


                                               サイトマップ

静岡のおいしいお茶を全国にお届け致します
静岡茶「新茶お試しセット」送料無料 静岡茶遊舘 おいしい静岡茶をお届けするお茶専門店[静岡茶遊舘] お茶の静岡茶遊舘「お茶一覧」 お茶の静岡茶遊舘「ご利用ガイド」 お茶の静岡茶遊舘「カートの中身」 お茶の静岡茶遊舘「こだわりの深煎り茶」とは? お茶の静岡茶遊舘「お茶がなぜ安いのか?」 お茶の静岡茶遊舘「会社概要」静岡県藤枝市カネハチ お茶に関する質問要望をお気軽にお問い合わせ下さい
【静岡茶遊舘】お茶処静岡のお茶をお届け»  静岡茶遊舘 お茶の成分・効能

【静岡茶遊舘】お茶処静岡の新茶をお届け




 
     ~ お茶の成分・効能 ~


 
     お茶の成分は、体にとって
             どんな働きをしているの?


 
 茶葉には「カテキン」や「カフェイン」「テアニン」など
さまざまな成分が入っております。これらは、他の食品には
あまり含まれていないお茶の特有の成分といえます。

※ これらの成分は摘み採る時期や生育状況によって多少異なります。




 
           「 カテキン 」    
 


 渋みの成分であるタンニンの一種です。お茶の独特のさっぱりとした
爽快感のある渋みは、この「カテキン」によるものです。

 この「カテキン」は露天の日光のもとで増加し、遮光下で減少します。
だから「カテキン」は、一芯二葉のような若い芽にも含まれていますが
むしろ第二、第三の葉に、そして一番茶より二番茶に多く、8月頃に
もっとも多く含まれています。       


 

カテキンの効能  (緑茶の渋み成分)

発ガン抑制、老化抑制、成人病予防、食中毒予防、虫歯予防、
インフルエンザ予防、血中コレストロール低下作用、
抗ウイルス作用、腫傷増殖阻止作用、血糖値上昇抑制作用、
抗菌(コレラ菌、O-157菌など)、消臭など

 




 

お茶の深い話  「 お茶の豆知識 」


 
   インフルエンザの予防に、お茶の力が大活躍!!

 
インフルエンザの予防にカテキンが効く




 
            「カフェイン」


 「カフェイン」は医薬品にも使用されていて、日本薬局法で常用量と
極量が決められていますが、お茶の中のカフェインは、「テアニン」や
「カテキン」などの各種成分の作用によって効き目は穏やかです。
普通に飲む一杯あたりの「カフェイン」の量も微量なので、お茶を飲ん
でいるだけでは、何ら問題はありません。

 「カフェイン」の成分は、覚醒作用、疲労回復作用、消化促進作用
などのはたらきで知られいます。
若い葉の成分に多く、8月を過ぎると急激に減少し、冬期は全体的に
少なくなります。


 

カフェインの効能  (緑茶の苦味成分)

頭すっきり、眠気ざまし、疲労回復、強心作用、利尿作用、代謝促進

 




 
            「テアニン」


 「アミノ酸」の一種で、緑茶独特の旨み成分です。
また「カフェイン」のがんばりすぎを抑えて、体を優しく吸収させる
作用もあります。「テアニン」は主として根の部分で作りだされます。

 若い芽、特に一芯二葉にもっとも多く含まれ、葉が、第二、第三と
葉の下方にいくほど少なくなります。一般的に一番茶がもっとも
おいしく感じられ二番茶、三番茶になるにしたがって旨みが減少する
のは、このためです。


 

テアニンの効能  (緑茶の旨み成分)

カフェインとの拮抗作用、血圧降下、脳・神経機能調節 など

 





 

お茶の深い話  「 お茶の豆知識 」


 
静岡茶遊舘 一心二葉 一心三葉 一芯二葉(いっしんによう)とは?


 新茶時期の一番初めの若い茶葉を手をつかい、

一本の芯に二枚の葉がついた状態で摘み取ることを

いいます。「一芯三葉」という言葉もあり、極上の

お茶の摘み方といえます。

 柔らかい葉だけを摘むのは、とても手間がかかる

作業なのでそのお茶は、かなり贅沢なお茶といえ

ます。
 




 
煎茶成分とその含有率および期待される健康効能
 
 水溶性成分 (20~30%)
 成  分 含 有 率      効 能 ・ 効 果
    抗酸化、抗突然異変、抗がん、認知症予防、
カテキン類 11~17% 血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、血小板凝集抑制、
    血中コレストロール上昇抑制、腸内菌最改善、
    抗菌、抗虫歯菌、抗ウイルス、抗アレルギー、消臭
カフェイン 1.6~3.5% 覚醒作用、強心作用、利尿作用、代謝促進
テアニン 0.6~2% 脳・神経機能調節、リラックス効果、血圧降下
フラボノール類 約0.6% 毛細血管抵抗性増強、抗酸化、抗がん、心疾患予防、消臭
複合多糖類 約0.6% 血糖上昇抑制
ビタミンC 0.3~0.5% 抗壊血病、抗酸化、抗がん、風邪予防、白内障予防、免疫機能改善
γ-アミノ酸 0.1~0.2% 血圧上昇抑制、脳・神経機能調節
サポニン 0.2% 抗喘息、抗菌、血圧上昇抑制 
ビタミンB2 1.2% 口角炎、皮膚炎防止、脂質過酸化抑制
食物繊維 3~7% 抗がん(大腸がん)、血糖上昇抑制
    亜鉛:味覚異常防止、免疫機能低下抑制、皮膚炎防止
ミネラル類 1~1.5% フッ素:虫歯予防
    マンガン、銅、亜鉛、セレン:抗酸化
    カリウム:イオン平衡の維持


 
 水不溶性成分 (70~80%)
 成  分 含 有 率      効 能 ・ 効 果
食物繊維 30~44% 抗がん(大腸がん)、血糖上昇抑制
たんぱく質 24~31% 栄養素(体構成成分)
脂質 3.4~4% 栄養素(細胞の体構成成分、エネルギー源)
クロロフィル 0.6~1% 消臭効果
ビタミンE 0.2~0.07% 溶血防止、脂質過酸化抑制、抗がん、抗糖尿、
    血行促進、白内障予防、免疫機能改善
コエンザイムQ10 約0.01% 老化予防、美肌効果
β-カロチン 約0.02% 抗酸化、抗がん、免疫機能改善、ビタミンA生成源
ミネラル類 4~5% マンガン、銅、亜鉛、セレン:抗酸化
香気成分 1~2% アロマテラピー効果

「日本茶のすべてがわかる本」(お茶の健康効果)より    



 

このページのTOPへもどる



 

お茶はとても体によく、身近な飲み物といえます! ( まとめ )


 

● ノン・カロリーで豊富なミネラル

 私たちの食べる肉・魚・卵・米などは酸性の食品です。人間の体は、
健康な状態の時は、弱アルカリ性に保たれていますが、お茶は
私たちの体の酸性化を防ぐのに適した多くの微量要素・ミネラルを
豊富に含むアルカリ性の高い飲み物です。

 カロリーはゼロで、カリウム・ナトリウム・カルシウム・マンガン・銅・
亜鉛・フッ素・セレン・ニッケル・モリブテン‥など多くのミネラルを
含んでいます。

 「妊娠中は、亜鉛供給資源となる緑茶を適度に飲んだ方が良い」
と元鹿児島大学医学部の故森一郎先生らの研究グループが発表
しています。


 

● 発ガン作用抑制効果  (カテキン類で立証)

 人の細胞に突然異変を起こし、ガンを誘発する原因に対し、緑茶が
それをおせえる極めて強い作用があることが元国立遺伝学研究所
故賀田恒夫先生らの研究で立証され、また、前静岡県立大学の
小國伊太郎先生は疫学調査から緑茶が胃ガンを抑制する効果が
ある事を発表した。

 さらに、国立遺伝学研究所の黒田行昭先生は緑茶のビタミンが
発ガン物質の細胞への作用を抑制することを発表しています。


 

● 知的作業能力・運動能力の向上  (カフェイン効果)

「朝茶は七里かえっても飲め!」

 お茶の中のカフェインは、大脳などの中枢神経に興奮作用をもたらし、
知的作業能力や運動力も高めることを、元静岡女子短期大学の
林栄一先生は長年の研究で証明しています。

 またカフェインは強心作用や利尿作用を示し、精神に安らぎを与える
事もわかっています。


 

● 老化防止  (ビタミンEを上まわる効果)

 私たちの体内にできるフリーラジカルや過酸化脂質の生成を抑え、
老化を防ぐとして、今話題のビタミンEの効果を上まわる(実験データ
では20倍)効果が、緑茶にあることを元岡山大学の奥田拓男先生ら
が明らかにいています。

 また、茶学術研究所会長・静岡産業大学の富田勲先生らは、お茶
やお茶の葉の微粉末を使って微生物や動物で実験を行い、強い
突然異変抑制作用や抗酸化作用のあることを証明しています。


 

● 動脈硬化・脳卒中予防・血圧降下(γ-アミノ酪酸を生理的に強化)

 お茶の中には、血中上昇物質の生成阻害作用のあることを東北大学
の目黒熙先生らが発表しています。また、元日本医科大学の福生吉裕
先生は、お茶を飲むことによって、善玉コレステロール(HDL)が体内に
増え、動脈硬化を予防すると発表しています。

 血圧降下に大きな働きをするγ-アミノ酪酸(GABA)の含量を高めた
お茶が農林水産省・茶業試験所(現(独)農業・生物系特定産業技術研
究機構野菜茶業研究所)で開発され、大妻女子大学の大森正司先生の
研究で血圧上昇抑制作用が証明されました。


 

● 食中毒予防  (茶カテキンの殺菌力)

 「お茶を飲みながら食事をすれば、食中毒は防げる。」と、昭和大学
医学部の島村忠勝先生はお茶の殺菌力の有効性やお茶がコレラ菌を
殺す強い力があること、赤痢菌・腸内ビブリオなど腸に感染する病原菌
に効くことも発表しています。

 また、社会問題になった病原性大腸菌O-157に対しても茶カテキン
の殺菌力は有効であることを証明しました。
その他、乳幼児の腸内で繁殖し、ひどい下痢を引き起こすロタウイルス
の感染を強力に阻止する成分がお茶にあることを、東北大学医学部
で明らかにしました。


 

● 美容と健康  (ビタミンCが豊富)

 緑茶のビタミンCは比較的熱に強く保存にもすぐれた特性があります。
ビタミンCは人体内のあやゆるところで作用し、一日の所要量は50mg
です。

 またノーベル化学賞・平和賞を受賞したライナス・ポーリング博士
は、ビタミンCの大量摂取によりウイルス感染への抵抗性が増し、色々
な病気の予防や治療に効果があると提唱しています。

 また、ビタミンCは、美容の点からも、肌に弾力性を与え水分の減少を
防ぎ、肌の色を黒くするメラニン色素の生成を抑制する効果もあります。


 

● 血糖値降下作用  (ポリサッカライド(茶多糖)効果)

 「お茶をゴクゴク飲めば糖尿病が抑えられる。」と、元富山医科薬科大
学の清水酸岑夫先生と農林水産省・茶業試験所(現(独)農業・生物系
特定産業技術研究機構野菜茶業研究所)の研究グループが発表して
います。


 

● 虫歯予防・口臭抑制  (カテキン類やフッ素効果)

 「お茶を毎日コップ一杯飲むだけで、日本の学童の虫歯は半減するで
あろう。」と、長年虫歯予防研究をされた元東京医科歯科大学の故大西
正男先生が提言しています。

 これは、お茶のフッ素が有効な働きをするからだとしています。
カテキンやお茶のフラボンなどを利用した口臭予防剤や虫歯予防歯磨
きもできました。




 

お茶の深い話  「 お茶の豆知識 」


 
静岡茶遊舘  米、科学誌「ネイチャー」

海外でも話題を呼ぶ緑茶の効果 


「緑茶の抗ガン作用について
    科学誌「ネイチャー」に掲載」

1997年6月5日発行の世界的に最も権威ある

科学誌「ネイチャー」は、米オハイオ医科大学と

トレド大学の研究グループが発表した

「緑茶を飲むとなぜガンを防げるのか」と題した

論文を掲載した。

 

「お茶のしずおか」パンフレット(飲んで健康‥緑茶の効果)より(まとめ含む)      





 

おいしい静岡茶をお届けするお茶の専門店[静岡茶遊舘]

静岡茶遊舘 おいしい新茶の静岡極上茶  静岡茶遊舘 大人気!これが安くてうまい静岡茶 
静岡茶遊舘 深蒸し茶のくき茶  玄人好みの芽茶 静岡茶遊舘 お茶の深い話 豆知識

 
静岡茶遊舘 お茶の価格で選ぶ 静岡茶遊舘 まごころこもった 贈答の価格で選ぶ
静岡茶遊舘 お茶で煮込んだ佃煮 食品の価格で選ぶ
 
静岡茶遊舘 うれし~い 送料無料で選ぶ