お茶の静岡茶遊舘 新茶のおいしい静岡茶 お茶 深むし茶をお届け 

お茶の静岡茶遊舘「お茶処静岡の新茶をお届け」


                                               サイトマップ

静岡のおいしいお茶を全国にお届け致します
静岡茶「新茶お試しセット」送料無料 静岡茶遊舘 おいしい静岡茶をお届けするお茶専門店[静岡茶遊舘] お茶の静岡茶遊舘「お茶一覧」 お茶の静岡茶遊舘「ご利用ガイド」 お茶の静岡茶遊舘「カートの中身」 お茶の静岡茶遊舘「こだわりの深煎り茶」とは? お茶の静岡茶遊舘「お茶がなぜ安いのか?」 お茶の静岡茶遊舘「会社概要」静岡県藤枝市カネハチ お茶に関する質問要望をお気軽にお問い合わせ下さい
【静岡茶遊舘】お茶処静岡のお茶をお届け»  静岡茶遊舘 お茶のおいしい入れ方

【静岡茶遊舘】お茶処静岡の新茶をお届け

 
    ~お茶のおいしい入れ方~


 
       自分流にアレンジしてお茶を楽しむ。


 
 好みの入れ方、時と場所、場合にあった入れ方などいろいろな入れ方
がありますが、お茶の種類や成分をふまえたうえで実際においしい煎茶
を入れてみましょう。

 ぬるいお茶で渋味や苦味のない旨味たっぷりのお茶、熱いお茶で苦味
や渋味もある軽いお茶、薄いめのお茶、薄いめのお茶など、人によって
好みはいろいろで、飲む状況でによっても入れ方が異なります。

 ここでは目安として、一般的においしくとさせる基本的なお茶の入れ方
を紹介します。あとは自分流に楽しんでみて下さいませ。


 
        入れる前に、準備しておくこと。


 
● 茶葉の特徴を知る

 今まで見てきたように、茶葉には旨味、渋味、苦味などの基に
なる成分が含まれています。これからの成分が調和よく湯に
溶け出していれば、それがおいしいお茶です。

 煎茶の成分は、湯の温度や浸出する時間によって、それぞれ
溶け出し方が違います。旨味は湯の温度が低いほど、渋味は
お湯の温度が高いほど溶け出します。

 どんなお茶が飲みたいか、茶葉の特性をよく知って、うまく
利用して入れるといいでしょう。

 また、香りも味も異なった茶葉を常に数種類そろえておけば、
目的や嗜好など時と場所、場合にあわせて楽しみます。



 
● 道具

 基本的には湯沸しと湯呑み茶碗があればいいわけで、一般には
これに急須が加わり、急須で茶葉を蒸らします。それぞれの茶葉
に合う急須と茶碗。茶たく、お盆が揃えばお茶は楽しめます。

 そのほか湯冷まし、砂時計、茶さじ、計量スプーン小(5cc
でもよい)、茶こし、保温ポットがあれば便利でしょう。

 また、湯呑み茶碗に茶葉を直接入れて湯を注ぎ、ふたを
ずらせて飲む「すすり茶」という飲み方があります。



 
● お湯の用意

 お茶は必ず、沸騰したお湯をお茶に合う温度まで冷まして入れ
ます。湯冷まし用の器を使って適温まで冷ましますが、
なければ、沸騰したお湯を何回か移しかえして冷ます方法が
あります。

 沸騰したお湯を冷ます目安は、季節や室温、お湯の量にもより
ますが、おおざっぱにいえば、(下記の図)やかんから急須に移
すと10度前後、茶碗に移してさらに10度前後下がります。
これをもう一度急須に戻した時点で、普通煎茶の適温といわれる
70度前後になります。
 
静岡茶遊舘 お茶をおいしくいれるお湯の目安



 

お茶の深い話  「 お茶の豆知識 」


 
 お湯の温度を手のひらで、感覚として覚えておくと便利です。

      ・80度~70度・・・熱い
      ・70度~60度・・・少し熱い
      ・60度~50度・・・温かい
      ・50度~45度・・・ぬるい
      ・
45度~35度・・・かすかに温もりがある
静岡茶遊舘 手のひら


 
● 1人分の目安

 お茶の種類によって、おいしく飲むための1人分の茶葉と湯の
目安量があります。茶葉の量は調理用計量スプーンで小さじ2
グラムです。ひとつまみとして、だいたいの量を確認しておきま
しょう。お湯の量は、使う茶葉と茶碗に合わせて用意します。

 


 
● お湯の温度に気をつける

 一煎目で旨味を、二煎目に少し熱いお湯を入れて渋味と苦味を
味わえば、お茶を余すことなく楽しめます。


 
   お茶の標準的な入れ方
  茶 種    人 数     茶 量     湯 量    湯 温    浸出時間  
  上玉露   3人    10g   60ml   50℃   150秒
  上煎茶   3人     6g   170ml   70℃   120秒
 普通煎茶   5人    10g   430ml   90℃    60秒
  番 茶   5人    15g   650ml   熱湯    30秒
  焙じ茶   5人    15g   650ml   熱湯    30秒

「日本茶のすべてがわかる本」(お茶のおいしい淹れ方)より    



 
静岡茶遊舘 おいしいお茶の入れ方



 
静岡茶遊舘 おいしい玉露、上煎茶の入れ方


 
● 基本的なお茶の入れ方


1 人数に適した茶器を用意する。
   
人数分のお湯が入る大きさの急須と、人数分の茶碗を用意
   します。

2 人数に適したお茶の葉を用意する。
   
1人分を約2~3gとし、人数分の葉の量を用意します。
  ただし、1人の時は5gとやや多めにし、5人以上は
  1人分2gと少なめにします。
  いつも使っている茶さじ1杯分の重量を、あらかじめ
  量っておくと便利でしょう。

3 お湯の温度を調節する。
   
十分に沸騰させたお湯を、まず人数分の茶碗に注ぎます。
  これは、器を温めるとともに温度を下げ、お湯の量をはかる
  ためです。100度のお湯を茶碗に注ぐと、90度くらいに
  下がります。煎茶の品質によってややことがりますが、
  70~80度(当店のお茶は少し冷ましてから入れて下さ
  いませ)
くらいが適温となります。

4 お湯を注ぎ、お茶を入れる。(浸出する)
   
人数分の茶碗に入れたお湯を、お茶の葉を入れた急須
   に注ぎ、1~2分ほど待ちます。お茶は、お茶の葉の量の
   およそ4倍の水を吸収しますから、その分を見込んでお湯
   を用意します。
    人数分より多いお湯を注いでお茶の液を残すと、急須の
   中で成分が浸出し続けてしまいますので、茶液が余らない
   ようにお湯の量を調節するのがコツです。

5 注ぐ。
   
人数分の茶碗に少しずつ、数回に分けて注ぎます。これを
  「廻し注ぎ」と言い、1,2,3と少量ずつ注いだら
  3,2,1ともとに戻りこれを繰り返します。こうすること
  で、すべての茶碗の味と量が均一になります。急須にお茶が
  残らないように、最後の一滴まで注ぎ切ることが大切です。

  お茶の入れ方は人柄や教養を表すなどといわれています。
 丁度良いお茶の量やお湯の温度などをつかむには、何度も
 繰り返し入れてみることが大切です。

 

「日本茶のすべてがわかる本」(お茶のおいしい淹れ方)より    



 
静岡茶遊舘 おいしいお茶の入れ方

 

このページのTOPへもどる




 

おいしい静岡茶をお届けするお茶の専門店[静岡茶遊舘]

静岡茶遊舘 おいしい新茶の静岡極上茶  静岡茶遊舘 大人気!これが安くてうまい静岡茶 
静岡茶遊舘 深蒸し茶のくき茶  玄人好みの芽茶 静岡茶遊舘 お茶の深い話 豆知識

 
静岡茶遊舘 お茶の価格で選ぶ 静岡茶遊舘 まごころこもった 贈答の価格で選ぶ
静岡茶遊舘 お茶で煮込んだ佃煮 食品の価格で選ぶ
 
静岡茶遊舘 うれし~い 送料無料で選ぶ